研究レポート

昼前から正午ごろの電気活用で低炭素化と安定供給の一挙両得!

執筆者 柳澤 明
概要 日本のエネルギー起源二酸化炭素(CO2)排出は、2013年度をピークとして減少傾向に転じた(図1)。2021年度は経済・社会活動が新型コロナウイルス禍から徐々に回復したことで8年ぶりに前年比で増加したが、2022年度半ば以降は...
メディア情報 HP (2023年10月6日)
要旨PDF https://eneken.ieej.or.jp/data/11350_summary.pdf
論文PDF こちらのURLリンク先は当研究所登録会員限定となっております。
会員登録の内容につきましては有料情報ご利用ご案内をご覧ください。
https://eneken.ieej.or.jp/data/11350.pdf