IEEJ Podcast

Energy Expertの視点

日本エネルギー経済研究所のEnergy Expert である研究員が国内外のエネルギー・気候変動問題等に関して、客観的分析、将来予測、現実的な解決策などを独自の視点から鋭く提言する番組です。

ナビゲーター:
小山 堅(専務理事 首席研究員)
日本エネルギー経済研究所

小山 堅

Mapping the Energy Future

This podcast aims not only to identify the global challenges including energy security, energy affordability, and climate change but also to share with listeners our pragmatic solutions to those.

Navigator:
Kana Sato
Senior Researcher, JIME Center

Kana Sato

2024年2月19日

熱需要のカーボンニュートラル化に向けたドイツの取組

ドイツでは最終エネルギー消費の約半分が熱需要であり、その半分を住宅建築物の暖房・給湯需要が占めている。これをいかにカーボンニュートラル化するかは重要な政策課題である。自治体では熱供給計画の策定が必要となり、地域熱供給やヒートポンプ、水素利用など様々な選択肢が検討されている。今回は環境ユニット 土井菜保子 研究理事が「熱需要のカーボンニュートラル化に向けたドイツの取組」をテーマにお話しし、日本への示唆を導出します。

再生時間:16:03

February 2, 2024

Progress Report of Japan’s GX Strategy

This episode is talking about “Progress Report of Japan’s GX Strategy”. One year has passed since Prime Minister Kishida announced Japan’s GX (Green Transformation) Strategy in December 2022. Mr. Terazawa, CEO, IEEJ, will share the progress made so far.

再生時間:15:36

2024年2月5日

国内で進むCCS導入に向けた取組み

新たな脱炭素技術として注目を集めている炭素回収貯留(CCS)。産業部門からの排出など削減が難しいCO2を回収し、そのまま地下の安定的な地層に貯留する技術であり、IPCCやIEAもカーボンニュートラル実現には不可欠な技術として位置付けている。国内でもCCSを実用化するための取り組みが急ピッチで進められている。今回は研究戦略ユニット 小林良和 研究主幹が「国内で進むCCS導入に向けた取組み」をテーマにお話します。

再生時間:8:44

January 11, 2024

COP 28: Inclusiveness, Breadth, Challenges

This episode is talking about “COP 28: Inclusiveness, Breadth, Challenges”. The international press focused on the reference to fossil fuels in the COP 28 final document and was relieved to find a compromise was reached on the language through the use of the expression “transitioning away from fossil fuels”. But there were a lot more in the COP 28 that deserve attention.

再生時間:12:54

2024年1月24日

再エネ導入拡大にも対応するため議論が進む同時市場の課題

電力を効率的・安定的に調達すると同時に、再生可能エネルギー発電の導入量拡大へも対応する電力システム・電力市場への見直しが進められている。今回は供給力、調整力にかかわらず全ての電力を同時に約定させる仕組みである「再エネ導入拡大にも対応するため議論が進む同時市場の課題」をテーマに電力ユニット 小笠原潤一 研究理事がお話します。

再生時間:11:48

December 14, 2023

Demand Side Approaches to Critical Minerals

This episode is talking about “Demand Side Approaches to Critical Minerals”. As the world pursues its energy transition towards carbon neutrality, we cannot avoid discussing and sufficiently stressing the importance of critical minerals. Concerns are rapidly rising over the sufficiency of their supply and concentration of suppliers. So far, measures to tackle these concerns have largely been addressing the supply side. Why are we not looking into measures to adjust the demand side as well?

再生時間:16:01