吉岡 明子(よしおか あきこ)

工藤 拓毅

中東研究センター 研究主幹

専門分野:イラクの現代政治 及び経済・エネルギー部門、クルド問題

1999年 大阪外国語大学 外国語学部地域 文化学科 中東地域文化専攻卒業
1999年 財団法人中東経済研究所入所
2005年 (財)日本エネルギー経済研究所 中東研究センター 研究員
2007年
5-10月
Gulf Research Center 客員研究員
2013年 中東研究センター 主任研究員
著書(論文等)
1.「対「イスラーム国」戦の陰で深まるイラクの政治危機」『中東とISの地政学 イスラーム、アメリカ、ロシアから読む21世紀』(山内昌之編著)朝日新聞出版、2017年
2.「イラク-戦後統治体制をめぐる迷路」『中東の新たな秩序』(松尾昌樹・岡野内正・吉川卓郎編著)ミネルヴァ書房、2016年
3.「イラク-戦後統治の失敗から「イスラーム国」の台頭へ」『現代中東を読み解く アラブ革命後の政治秩序とイスラーム』(後藤晃・長沢栄司編著)明石書店、2016年
4.『「イスラーム国」の脅威とイラク』(吉岡明子・山尾大 共編著)岩波書店、2014年
5.『現代イラクを知るための60章』(酒井啓子・吉岡明子・山尾大 共編書)明石書店、2013年
6.「イラクはどこへ向かうのか―2014年イラク危機の現状と構造的問題―」『中東動向分析』Vol.13 No.3(中東研究センター、2014.06)
7. 「二元化するイラクの石油産業-クルディスタン地域の石油と国外アクターの役割-」『国際政治』No.174(日本国際政治学会、2013.09)
8. 「マーリキ・イラク首相の強権統治とその反動」『海外事情』第61巻7・8号(拓殖大学、2013.07)
9. 「米軍撤退後のイラクに残された課題」『中東動向分析』Vol.10 No.8(中東研究センター、2011.12)
10. 「イラク戦後移行期のアラブ諸国とイラクの冷たい関係-安全保障環境とアラブ主義の変容の視点から-」『国際政治』No.159(日本国際政治学会、2010.02)
11. 「イラクの石油産業-積み重なる負の遺産と「地域」を巡る新たな課題」『発展途上国における石油産業の政治経済的分析-資料集-』(アジア経済研究所、2008.03)
所属学会
日本中東学会、日本国際政治学会