山下 ゆかり(やました ゆかり)

常務理事 計量分析ユニット担任

専門分野:計量モデル分析、エネルギー需要分析、エネルギー統計、エネルギー・環境政策分析、省エネルギー対策

【経歴】  
  国際基督教大学卒業(教養学士)
  筑波大学大学院経営政策科学研究科修了(経済学修士)
1985年10月 日本エネルギー経済研究所 計量分析センター入所
2020年6月 現職

 

 

従事PJ、執筆論文・記事、出版書籍(著書)
 大学院修了後入所、エネルギー需給見通し、分析等に従事。その後、温暖化対策、省エネルギー政策立案等を担当、東日本大震災直後の節電対策や省エネルギー政策の策定に関与。 国際的にはサウジアラビア、UAE、中国、インド等と共同研究を推進。内閣府、経済産業省等の委員を歴任する他、UAEザイード未来エネルギー賞選考委員、C3E(Clean Energy, Education & Empowerment) イニシアティブ大使、国際エネルギー経済学会理事等を務める。2011年より現職。2020年国際エネルギー経済学会・会長を経て、2021年より同学会 Executive Vice President。
会議、講演、メディア
2013~現在 シンガポール国際エネルギー週間(SIEW)
2013:スタンフォード大学日米ニューチャネル対話(パロアルト)等
2014 :リトアニアエネルギー省-JICCカンファレンス(ビルニュス)、JOGMECテクノフォーラム等
2015:GCC-Japan協力東京会議、World Policy Conference(モントルー)、
   サミットの歩みとこれからを考えるシンポジウム(神戸)、Lithuanian Nuclear Seminar(ビルニュス)等
2016: G20 Energy Efficiency Forum(北京)、エネルギーミックスシンポジウム(松山)等
2017:Arab Japan Day Sumposium(東京)、Gastech(幕張)、Alberta Energy Opportunities Seminar(東京)、
   World Policy Conference (マラケシュ)、New Energy Finance上海サミット等
2018:Mansfield Asia Montana Energy Summit(モンタナ)、日韓協力委員会(ソウル)、
   Poland Nuclear Seminar(ワルシャワ)、 CEM 2017 Review(パリ)等
2019:Global Energy Forum(アブダビ)、World Coal Association Tokyo、日英21世紀委員会(カンタベリー)等
その他業界団体、学会等の招待講演、モデレータ多数
所属学会
2021 Executive Vice President, International Association for Energy Economics (IAEE)