渡邊 駿(わたなべ しゅん)

中東研究センター  専門研究員

専門分野:東アラブ諸国、及びオマーン、クウェートの政治・外交・安全保障の分析
      

2013年3月 東京大学法学部第3類(政治コース)卒業
2018年3月 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 博士課程修了
2018年11月–2020年9月 Oxford School of Global and Area Studies, University of Oxford 客員研究員(笹川平和財団フェロー)
2021年3月 (一財)日本エネルギー経済研究所 中東研究センター 入所
主な業績・論文
<Ph.D.学位論文>
  • 「現代アラブ君主制国家群におけるガバナンスと社会-ヨルダン・ハーシム王国を事例として-」 京都大学博士(地域研究)2018年3月取得
<査読付論文>
  • Watanabe, Shun. “Challenges for National Dialogue in the Post-Arab Spring Era: The Case of Bahrain” Journal of the Asia-Japan Research Institute of Ritsumeikan University, 1, July 2019, pp.56-72.
  • 渡邊駿「現代における君主制とそのグローバルな類型化をめぐる政治学的考察——アラブ君主制国家群とその系譜的正統性の解析へ向けて」『イスラーム世界研究』 第11巻, pp.256-303, 2018年3月.
  • 渡邊駿「「民主的」改革のもとでのヨルダン権威主義体制内の合意形成: 公職年金法改正をめぐる立法過程分析を通して」『日本中東学会年報』日本中東学会, 第33巻第1号, pp. 71-93, 2017年7月.
<論文>
  • 渡邊駿「君主制とイスラーム」西尾哲夫・東長靖(編)『中東・イスラーム世界への30の扉』ミネルヴァ書房, pp.225–226, 2021年7月.
<学会予稿・報告書等>
  • Watanabe, Shun. “Jordan’s Decentralization After 2015: Central Control under Weak Intermediaries.” 2021 BRISMES Annual Conference “Knowledge, Power and Middle Eastern Studies,” University of Kent, UK, July 6, 2021.
  • Watanabe, Shun. “Diversifying Sources and Methods of Data Collection: Case of a Research on Middle East Politics.” Sustainability in Research and Education: Expanding the Field from the Asia Pacific, Online Workshop, Field Science Education and Research Center, Kyoto University, Japan, March 11, 2021.
  • Watanabe, Shun. “Politics of Reform as a New Ruling Formula in Neoliberal Jordan: The Case of Decentralisation.” Western Intervention in the Wake of the Arab Uprisings: Political Containment, Neoliberalism, and Imperial Legacies, Online Workshop, University of Oxford, UK, February 23, 2021.
  • Watanabe, Shun. “Transformation of the Ruling Coalition in Contemporary Jordan: Implications from the Process of Decentralization.” International Workshop for Trans-Asian Academic Communication: Understanding Political Quandaries in the Modern Arab East, Online Workshop, Asia-Japan Research Institute, Ritsumeikan University, Osaka, JAPAN, January 26, 2021.
  • 渡邊駿「中東・イスラーム研究におけるデジタル・リソース活用: 東アラブ/地中海沿岸地域を事例として」立命館大学中東・イスラーム研究センターシンポジウム「中東・イスラーム研究の新地平 ウィズコロナ時代のチャレンジ」(2021年1月9日 Zoomにてオンライン開催).
  • Watanabe, Shun. “Dynamics of Linchpin Monarchical Rule: Jordan in the Neoliberal Era.” PSA Annual International Conference 2019 “(Un)sustainable Politics in a Changing World.” Nottingham Conference Centre, Nottingham, UK, April 17, 2019.
  • 渡邊駿「拡大GCC構想におけるヨルダン-アラブの春後の地域秩序におけるスンナ派君主制同盟」日本国際政治学会2018年度研究大会 (2018年11月2日 大宮ソニックシティ).
  • 渡邊駿「21世紀におけるヨルダン君主制の変容: ヨルダン体制中枢エリートの通時的分析から」2018年度日本中東学会第34回年次大会 (2018年5月13日 上智大学).
  • Watanabe, Shun. “Civil Society in Sectarian Politics: Youth Societies in Bahrain.” International Workshop on Stasis and Change in the Contemporary Gulf Monarchies. Waseda University, Tokyo, JAPAN, December 17, 2017.
  • Watanabe, Shun. “The Hashemite Pluralism: Policies of Integration and Control in Jordan.” BRISMES Conference 2017 “Movement and Migration in the Middle East: People and Ideas in Flux,” The University of Edinburgh, UK, July 5-7, 2017.
  • 渡邊駿「アラブ・湾岸君主制: ハイブリッド性を解析するための視座をめぐって」2016年度日本中東学会第32回年次大会 (2016年5月15日 慶應義塾大学).
  •   渡邊駿 「アラブ君主制国家群の体制維持メカニズムを考える−−グローバル時代のヨルダン・ハーシム王国を素材として」2015年度日本中東学会第31回年次大会(2015年5月17日 同志社大学).
所属学会
日本中東学会
日本比較政治学会
日本国際政治学
その他
<教育歴>
立命館大学文学部 「イスラーム世界の多様性」2020年秋学期