近藤 重人(こんどう しげと)

中東研究センター 研究員

専門分野:サウジアラビア、クウェートなどの政治・社会・経済動向

 

 

     

2008年

筑波大学第三学群国際総合学類 卒業

2008年

慶應義塾大学大学院法学研究科修士課程 入学

2008年

クウェート大学アラビア語語学留学(2009年まで)

2011年

慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程 入学

2012年

キング・サウード大学(サウジアラビア)法政治学部 客員研究員

2012年- 2014年

日本学術振興会特別研究員(DC)

2016年

(一財)日本エネルギー経済研究所 中東研究センター 研究員

2016年

慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程 修了 博士(法学)

 

 

主な業績・論文

(著書)

・ 「サウジアラビア『ビジョン2030』の可能性と限界」『中東動向分析』Vol. 16, No. 1(2017年4月)
・ 「サウジアラビア―『ビジョン2030』は成功するか」『アジ研ワールド・トレンド』256(2017年1月)
・ 「サウジ経済改革の狙い」『外交』38(2016年7月)
・ 「サウジアラビアの経済・財政改革―原油価格の低迷と脱石油化の試み」『中東研究』526(2016年5月)
・ 「サウジアラビアの内政と外交―サルマーン国王治世1年目の評価」『中東動向分析』Vol. 15, No.1(2016年4月)
・ 「大義を掲げる湾岸諸国」臼杵陽、鈴木啓之編『パレスチナを知るための60章』(明石書店、2016年)
・ 『サウディアラビアとアラブ・イスラエル紛争―アラブの大義と対米依存の狭間で―』
  (慶應義塾大学 博士学位論文、2016年)
・ 「サウード家の統治―歴代国王」中村覚編『サウジアラビアを知るための63章【第2版】』(明石書店、2015年)
・「サウディアラビアのパレスチナ政策とアメリカ―一九四五年―一九四八年―」『法学政治学論究』101(2014年6月)
・「湾岸諸国の「財政安全保障」―安定的な石油収入の確保を目指して―」『アジ研ワールド・トレンド』224
  (2014年5月)
・「サウディアラビア、クウェートの石油政策とアラブ・イスラエル紛争、2000年~2012年」『中東研究』518
  (2013年10月)
・「サウディアラビア、クウェートの石油政策と第一次石油危機、一九七〇年―一九七四年」『法学政治学論究』97
  (2013年6月)
・「クウェイト、エリート層の若者たち―政治・経済・社会観」『中東研究』508(2010年6月)
・「第一次石油危機時のアラブ諸国間外交―アラブの石油政策形成にはたしたクウェートの役割:
  一九七三年一月~一一月」『慶應義塾大学大学院法学研究科論文集』50(2010年3月)

所属学会

日本国際政治学会、日本中東学会