堀拔 功二(ほりぬき こうじ)

中東研究センター 主任研究員

専門分野:湾岸産油国の政治・社会動態の研究、中東の治安・安全保障、 国際労働力移動

2006年 立命館大学国際関係学部 卒業
2010年 (財)日本エネルギー経済研究所 入所
2011年 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 修了 博士
(地域研究)
   
  (その他の主要な経歴)
2008年 日本学術振興会特別研究員(DC)(2010年12月まで)
2013年 東京外国語大学非常勤講師(現在に至る)
2014年 大阪大学外国語学部非常勤講師
主な業績・論文

(著書)

・堀拔功二. 2015. 「2022年FIFAワールドカップに揺れるカタル――贈収賄問題および外国人労働者問題の政治経済リスク――」『JIME中東動向分析』14(4): 1-19.
・堀拔功二. 2014. 「国際労働力移動のなかの湾岸アラブ諸国の位置づけ」細田尚美(編)『湾岸アラブ諸国の移民労働者――「多外国人国家」の出現と生活実態』明石書店, pp.36-63.
・細田尚美・松尾昌樹・堀拔功二・石井正子 2014. 「序章 分断された社会空間を生み出す装置と人々の暮らし」
細田尚美(編)『湾岸アラブ諸国の移民労働者――「多外国人国家」の出現と生活実態』明石書店, pp.13-33.
・堀拔功二. 2014. 「カタルの外交的孤立とGCC諸国関係の課題」『JIME中東動向分析』13(1): 1-13.
・堀拔功二, 2014. 「日本の対GCC諸国戦略の新展開――2013/14年の安倍外交を振り返る――」
『中東情勢報告2014年版』エネルギー総合推進委員会.
・堀拔功二. 2013.  「カタル外交の戦略的可能性と脆弱性――『アラブの春』における外交政策を事例に――」
土屋一樹(編)『中東地域秩序の行方――「アラブの春」と中東諸国の対外政策』アジア経済研究所, pp. 83-98.
・堀拔功二. 2013. 「GCC諸国における体制の脅威認識と治安同行の展開――アラブ首長国連邦とイスラーハ問題を事例に――」『JIME中東動向分析』12(3): 1-12.
・堀拔功二. 2013.  「アラブ首長国連邦 ムスリム同砲団の影響に揺れる」『季刊アラブ』,145:p12.
・堀拔功二. 2012. 「UAEにおける政治改革運動と体制の危機認識――2011年の建白書事件を事例に――」
アジア経済研究所機動研究報告『アラブの春とアラビア半島の将来』
・堀拔功二, 2012, 「湾岸の春?―GCC諸国における政治変動・体制・国民」『中東政治変動の研究―「アラブの春」の現状と課題―』日本国際問題研究所, pp. 25-35.
・堀拔功二. 2012. 「UAEにおける国民と政治参加―2011年連邦国民評議会選挙の分析を中心に―」『UAE』51: 14-17.
・堀拔功二. 2011. 「アラブ首長国連邦における最近の政治動向と課題―中東政変の影響と建白書問題の検証を中心に―」『JIME 中東動向分析』10(7): 1-10.
・HORINUKI, Koji. 2011. “Controversies over Labour Naturalisation Policy and its Dilemmas: 40 Years of Emiratisation in the United Arab Emirates”, Kyoto Bulletin of Islamic Area Studies. Center for Islamic Area Studies at Kyoto University, 4(1&2): 41-61.(2011年)
・細井長(編)『UAEを知るための60章』分担執筆(第5、6、14,33、34、38、41、42、51章を担当)(明石書店, 2011年)
・堀拔功二. 2011. 「アラブ首長国連邦」松本弘編『中東・イスラーム諸国民主化ハンドブック』明石書店, pp. 338-353.
・堀拔功二. 2011. 「バーレーン:湾岸諸国に君主制崩壊の強い危機感」『季刊アラブ』, 137:16-17.
・堀拔功二. 2011.  「北部首長国における開発戦略と独自性の模索――シャルジャとラアス・アル=ハイマ首長国を事例に」『UAE』49: 22-25.
・HORINUKI, Koji. 2011.“Administrative Reforms and Globalisation Strategy in Dubai: A Study of Double-Edged Development from 1990 to 2009, ”Annals of Japan Association for Middle East Studies 26(2): 1-32.
・堀拔功二. 2010. 「湾岸諸国における国境と国家の存立構造――UAEの国境問題の展開を事例に――」『国際政治』162: 56-69.
・堀拔功二. 2010.  「国際社会におけるUAE外交の特徴と役割――対外援助・人道支援分野を中心に」『UAE』47: 21-23.
・堀拔功二. 2009. 「湾岸アラブ産油国における外国人労働者問題と国内政治の変容――アラブ首長国連邦を事例に」日本比較政治学会(編)『国際移動の比較政治学』ミネルヴァ書房, pp. 69-91.
・堀拔功二. 2009. 「アラブ首長国連邦における国家変容と『国民』形成――国籍法と結婚基金政策を事例に」『日本中東学会年報』25(1): 83-111.
・堀拔功二. 2008. 「アラブ首長国連邦における連邦体制と政治統合――建国期の政治危機とザーイド大統領の対応をめぐって――」『現代の中東』45: 1-21.

所属学会
日本中東学会、日本比較政治学会、日本国際政治学会