工藤 拓毅(くどう ひろき)

工藤 拓毅

研究理事、化石エネルギー・電力ユニット 電力・スマートコミュニティーサブユニット担任 スマートコミュニティーグループマネージャー 
兼 グリーンエネルギー認証センターセンター長

専門分野:エネルギー需給分析・予測、地球温暖化政策、新・再生可能エネルギー政策、省エネルギー政策、温室効果ガスインベントリ・検証等の国際標準化

 

1983年 麻布大学環境保健学部卒業(環境保健学士)
1991年 筑波大学大学院環境科学研究科修了(学術修士)
1997年 Resources for the Future(米国)客員研究員(~平成11年)
1983年 ピジョン(株)開発部入社
1991年 (財)日本エネルギー経済研究所 入所
2004年 環境・技術ユニット 環境・省エネグループマネジャー
2005年 地球環境ユニット 総括 地球温暖化政策グループマネジャー
2006年 地球環境ユニット 総括
2008年 地球環境ユニット 総括 研究主幹 兼 グリーンエネルギー認証センター 副センター長
2011年 地球環境ユニット担任補佐 地球環境ユニット地球温暖化政策グループマネージャー 兼 グリーンエネルギー認証センター副センター長
2012年 地球環境ユニット担任補佐 研究理事 兼 グリーンエネルギー認証センター副センター長
2015年 研究理事、化石エネルギー・電力ユニット 電力・スマートコミュニティーサブユニット担任 スマートコミュニティーグループマネージャー 
兼 グリーンエネルギー認証センターセンター長
著作
1.エネルギー産業研究会編著(分担執筆)、「石油危機から30年、第3章 地球温暖化とエネルギー」、エネルギーフォーラム、pp.86-110、2003年12月
2.澤昭裕、関総一郎編著(分担執筆)、「地球温暖化問題の再検証・・・ポスト京都議定書の交渉に向けて、第3章 エネルギー需給構造からみた各国の交渉ポジション分析」、東洋経済新報社、2004年2月
3.藤井良広編著(分担執筆)、「カーボン債務の理論と実務 『第10章 ISOとカーボン基準化(Carbon Standardization)』、中央経済社、2009年12月
4. 木船久雄、他編著(分担執筆)、「低炭素社会のビジョンと課題 『第6章 低炭素化社会の基準・標準と日本の取り組み』」、晃洋書房、2010年12月
5. 上野貴弘、本部和彦編著(分担執筆)、「狙われる日本の環境技術、第5章 高効率インバータ・エアコンの国際市場開拓の可能性とエネルギー効率基準・ラベリング制度の役割」、エネルギーフォーラム、pp.177-208、2013年2月
主な論文
1. 斎藤晃太郎、太田完治、大木祐一、小川芳樹、工藤拓毅、‘LCA的視点からみた鉄鋼製品の社会における省エネルギー貢献に係る調査’、日本エネルギー経済研究所ホームページ、2002年8月
2. 大木祐一、佐々木宏一、工藤拓毅、‘木質バイオマス発電導入のための課題調査’、エネルギー経済夏季号、2003年6月
3. 中茎伸一、工藤拓毅、‘日本における再生可能エネルギー導入策の論点-日本版RPS制度の効果と影響、そして課題-’、(財)日本エネルギー経済研究所第382回定例研究報告会発表資料、2003年6月
4. 工藤拓毅、‘ISOにおける「温室効果ガス排出量算定と検証に関する規格」の検討について’、日本エネルギー経済研究所ホームページ、2004年5月
5. 工藤拓毅、‘欧州の地球温暖化対策の戦略と日本へのインプリケーション’、エネルギー経済、2004年夏号、2004年7月
6. 工藤拓毅、‘地球温暖化問題の将来枠組みを考える視点と今後の課題-EUによる将来枠組み戦略の背景と日本としての対応のあり方-’、エネルギー経済、2005年春号、2005年5月
7. 田中加奈子、佐々木宏一、工藤拓毅、‘効率化技術による二酸化炭素削減ポテンシャルの部門別評価 ―地球温暖化の国際枠組み構築のための評価指標の検討-’、エネルギー経済、2005年夏号、2005年7月
8. 工藤拓毅、‘地球温暖化対策の将来枠組み検討における補完的取り組み -G8行動計画・APPの動向と今後の役割を考える-’、エネルギー経済、第32巻、第3号、2006年6月
9. 金星姫、工藤拓毅、‘温暖化防止自主協定の評価に関する調査 -オランダ、ドイツ、イギリスの事例研究-’、(財)日本エネルギー経済研究所HP、2007年7月
10. 金星姫、工藤拓毅、‘セクトラル・アプローチ -その概念と適応-’、(財)日本エネルギー経済研究所HP、2008年7月
11. 工藤拓毅、‘日本における「グリーン・ニューディール」を考える’、『環境Risk Review』、2009年9月
12. 工藤拓毅、‘カーボン・アカウンティングの国際規格・基準化の動向と気候変動対策での役割・課題’、関西学院大学産研論集、第39号、pp 35-42、2012年2月
13. 工藤拓毅、‘分析事例からみた短期エネルギー需給予測の活用’、経済セミナー、第669号、pp 32-37、2013年1月
14. Shigeru AMANO, Hiroki KUDO, “Business Cycles and Energy Demand”, Energy in Japan, No. 117, 1992.
15. Hisao KIBUNE, Hiroki KUDO, “Structural Changes in Japan’s Economy and Society and Outlook for Long-Term Energy Supply and Demand”, Energy Policy, Vol. 24, No. 12, 1996.
16. Hiroki Kudo, “U.S. Green Power Marketing: Detail, Prospects and Implication for Japan's power market”, IEEJ Home Page (http://eneken.ieej.or.jp), May 2000
17. Hiroki Kudo, “How Can We Evaluate Environmental Tax?” IEEJ Home Page (http://eneken.ieej.or.jp), October 2000.
18. Hiroki Kudo, “Impact Assessment of Advancing IT Orientation on Forms of Energy Use”, IEEJ Home Page (http://eneken.ieej.or.jp), December 2002.
19. Hiroki Kudo, “Domestic and Overseas Trends in Measures to Combat Global Warming and Future Prospects”, IEEJ Home Page (http://eneken.ieej.or.jp), March 2003.
その他多数
所属学会
エネルギー・資源学会、環境経済・政策学会、国際エネルギー経済学会(IAEE)
委員会等
○麻布大学環境保健学部、非常勤講師(平成11年~21年)
○東京大学新領域創成科学研究科環境学専攻、非常勤講師(平成16年~)
○UNFCCC, The Joint Implementation Supervisory Committee (JISC), Committee Member(alternate:2005年12月~2009年1月)、(member:2009年1月~2011年1月(任期))
○ISO TC17 WG21(Calculation Method for CO2 emission Intensity at steel production sites)WG Convener(2009年~)
○ISO TC207 SC7(GHGマネージメント)日本交渉チーム・エキスパート(平成15年度~、SC7国内委員会委員長
○産業構造審議会・総合資源エネルギー調査会自主行動計画フォローアップ合同小委員会鉄鋼WG委員(平成17年度~)
○資源エネルギー庁/環境省、温対法に基づく事業者別排出係数の算出方法等に係る検討会委員(平成18年度~)
○資源エネルギー庁「総合資源エネルギー調査会新エネルギー部会グリーンエネルギー利用拡大小委員会」委員(平成19年度~20年度)
○環境省、オフセット・クレジット(J-VER)認証運営委員会委員(平成20年度~)
○環境省、自主参加型国内排出量取引制度CA委員会委員(平成20年度~)
○東京都、地球温暖化対策計画書制度に係る評価専門委員会委員(平成17年度~)
○埼玉県、地球温暖化対策の検討に関する専門委員会委員(平成20年度~)
○NEDO、京都メカニズムクレジット取得事業等事業評価委員会委員(平成19年度~)
○(財)新エネルギー財団、グリーンエネルギーパートナーシップ幹事会議長(平成20年度~)
○その他多数