エネルギー・環境夏期大学


 講演の風景


 シナリオプランニングの風景
※本講座は、賛助会員様へのご案内になります。
 賛助会員様以外はご参加いただけませんので、何卒ご了承ください。


弊所では、毎年7月に「エネルギー・環境夏期大学」を開催しております。 参加者はいくつかのグループに分かれ、各種エネルギー・環境問題について議論し、中長期的なシナリオを作成し、各シナリオの内容を発表して意見交換します。 エネルギー業界の方であるか否かにかかわらず参加できるプログラムになっています。(賛助会員企業を中心にご案内しております)

<開催予告>
 平成30年度 第46回エネルギー・環境夏期大学
 【 期間 】平成30年7月12日(木)~13日(金)

     ※7月11日(水)に前泊者向けのワークショップあり
 【 会場 】IPC生産性国際交流センター*(神奈川県三浦郡)
     *2018年4月以降、名称が変更になる予定です。

  詳細については、決まり次第、弊所ウェブサイトに掲載予定の上、
  Emailにて案内配信いたします(2018年5月頃の予定)。


<ご参考>
 ~ 平成29年度 第45回エネルギー・環境夏期大学 開催内容 ~

我が国を取り巻くエネルギー・環境情勢は、米国トランプ新政権の政策動向と米中関係や英国のEU離脱、変動する原油価格、中東・ウクライナ等の地政学的問題、日本の原子力再稼働の遅れ、エネルギーミックスと地球温暖化目標の達成、再生可能エネルギー導入促進や技術革新政策のあり方、電力・ガスのシステム改革における市場ルール等、内外ともに予想しがたく、益々不確実性に満ちており、議論すべき課題が山積しております。
 このような情勢下、当研究所会員企業・団体の第一線でご活躍の皆さまに御参集いただき、『対立か協調か:混沌とした国内外のエネルギー・環境情勢を展望する~将来シナリオから日本・エネルギー産業の戦略を考える~ 』と題し、将来のエネルギー産業の在り方を中心に、活発な議論を展開して頂きたいと存じます。ご参加いただく皆様には、徹底的な討議と考察、そして専門家の講演を通じて、我が国エネルギー産業の将来を展望し、さらにご所属企業の将来戦略を思考するための分析手法、思考力を身につけて頂きたいと考えております。
 是非ともご参加頂けますよう、ご検討のほどよろしくお願いいたします。  また本案内については、貴社・貴団体内に広くご回覧・ご案内を頂けますれば、大変幸甚に存じます。

- 記 -
プログラム(予定)はこちらをご覧ください。

【 期間 】平成29年7月13日(木)~ 7月14日(金)
【 会場 】IPC生産性国際交流センター(神奈川県三浦郡葉山町湘南国際村)
   *宿泊も同施設です。
【 定員 】90名(定員になり次第締め切らせていただきます。)
【 参加費 】
 賛助会員 賛助会員 59,000円(消費税込)
 ※資料代、宿泊費、食事代を含む。※会場前泊の場合のみ、別途実費が発生いたします。
【 お申し込み方法 】弊所HPへご登録をいただいております賛助会員様へ詳細のご案内をメールにてお送りしております。(2017年5月中旬の予定)
弊所HPへご登録のない賛助会員様で、本講座のお申し込みをご検討の方は、下記連絡先までお問い合わせください。折り返し、詳細のご案内をお送りします。

お問合せ先: 一般財団法人 日本エネルギー経済研究所
      企画事業ユニット 総合企画グループ
      Tel: 03-5547-0211 Fax: 03-5547-0223
      kakidai@tky.ieej.or.jp

お問合せ先: 日本エネルギー経済研究所
企画事業ユニット 総合企画グループ
Tel: 03-5547-0211 Fax: 03-5547-0223