2004年のその他事業内容

エネルギー問題は、きわめて広汎で多様かつ複雑化しつつあり、単に一産業や一国経済の範囲内で取り扱うことはできません。また、エネルギーと関連した環境問題なども対象に入れなければなりません。当研究所の役割は、まさにこの点を十分認識した上で産業や国民の期待に応えるべく調査、研究活動に取り組み、世界的視野で問題点の解明や対応策についての提言を行うことです。

事業内容は以下の通りです。

2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2006 | 2005 | 2004 | 2003 | 2002 | 2001 | 2000
セミナー・シンポジウム名 所内研究会「カナダ・アルバータ州・オイルサンドセミナー」
開催時期 2004.10.18
プログラム
議事録・当日資料 当日資料(スライド)
備考
セミナー・シンポジウム名 『国際エネルギー戦略』報告会
「最近の国際エネルギー情勢、総合エネ調での2030年に向けた国際エネルギー戦略」
開催時期 2004.6.23
プログラム  
議事録・当日資料 論文 ・ 議事録 ・ 当日資料
備考  
セミナー・シンポジウム名 所内研究会
「Oil Market -OPEC's current & future policiesand abilities to influence oil prices, andthe best option for an Asia oil trading mechanism-」
開催時期 2004.5.17
プログラム ファイル
議事録・当日資料
備考  
セミナー・シンポジウム名 所内研究会「ペルシャ湾における米国政策の最近の傾向と中東と米国のエネルギー政策」
開催時期 2004.2.19
プログラム  
議事録・当日資料 ファイル
備考 *ITTAのWEBサイト
* CharlesW. Dyke氏プロフィール
セミナー・シンポジウム名 所内研究会「ヨーロッパのガス市場:自由化、競争、安定供給」
開催時期 2004.2.4
プログラム ファイル
議事録・当日資料 議事録 ・ 当日資料
備考  
セミナー・シンポジウム名 所内研究会「グリーン・トレーディング-次に到来する金融市場」
開催時期 2004.2.2
プログラム  
議事録・当日資料 論文 ・ 当日資料
備考  
2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2006 | 2005 | 2004 | 2003 | 2002 | 2001 | 2000