二宮 康司(にのみや やすし)

新エネルギー・国際協力支援ユニット 新エネルギーグループ 研究主幹

専門分野:温室効果ガス(GHG)排出量・削減量の定量化(MRV)手法
GHG市場メカニズムの機能と役割
エネルギー需要モデル分析

1997年 University of Surrey エネルギー経済学修士号(MSc in Energy Economics)
2002年 University of Surrey 経済学博士号(PhD in Economics)
2001年 (財)地球環境戦略研究機関 気候政策プロジェクト研究員
2004年 環境省 地球環境局地球温暖化対策課環境専門員
2005年 環境省 地球環境局地球温暖化対策課課長補佐
2007年 環境省 地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室室長補佐
2010年 (公財)地球環境戦略研究機関 市場メカニズムグループ・ディレクター
2013年 (一財)日本エネルギー経済研究所 入所
主な論文/著書案内
“Underlying Trends and Seasonality in UK Energy Demand: A Sectoral Analysis”, Energy Economics, Vol. 25, No. 1, pp. 93–118, 2003 (共著).
“Unravelling Trends and Seasonality: A Structural Time Series Analysis of Transport Oil Demand in the UK and Japan”, Energy Journal, Vol. 24, No. 3, pp. 63–96, 2003 (共著).
“Modelling underlying energy demand trends” Chapter 9 in Hunt, L. C. (Ed.), Energy in a Competitive Market: Essays in Honour of Colin Robinson, Edward Elgar, UK, 2003 (共著).
“Prospects for Energy Efficiency Improvement through an International Agreement”, in Climate Regime Beyond 2012: Incentives for Global Participation, NIES/IGES Joint Research Report, National Institute for Environmental Studies, Japan, 2004 (単著).
“Primary energy demand in Japan: an empirical analysis of long-term trends and future CO2 emissions”, Energy Policy, Vol.33, pp.1409-1422, 2005 (共著).
「温室効果ガス排出量/削減量のMRV(計測・報告・検証)の類型化:NAMAそしてMRVをめぐる議論の整理のために」. IGES Policy Brief No.25. 地球環境戦略研究機関. 2012 (単著).
「COP18決定による日本の京都メカニズム活用への影響」. IGES Policy Brief No.27. 地球環境戦略研究機関. 2013 (共著).
「二国間クレジット(JCM)制度の課題と対応の方向 —新たな法的枠組みへの適合を目指して—」. GraSPP-DP-J-15-001. 東京大学公共政策大学院ワーキング・ペーパーシリーズ. 2015(共著).
"Japan/The Aims of the World's Fifth Largest CO2 producer: Again at the Front", Oil Magazine, No.30, pp.58-61, 2015(単著).
所属学会
エネルギー・資源学会
環境経済・政策学会
日本経済学会
International Association for Energy Economics (IAEE)