国際シンポジウム2019年度 「炭素制約下におけるビジネス環境」

 

日 時: 2020年3月12日(木) 13:00-16:30 (受付開始 12:30)
場 所: 東京大学本郷キャンパス 小柴ホール(理学部小柴ホール)
主 催: 東京大学公共政策大学院(GraSPP)、国際石油開発帝石株式会社(INPEX)
共 催: (一財)日本エネルギー経済研究所
参加費: 無料 ※
※ 参加に際しては事前の登録をして頂き、当日は申し込み受付のメールを印刷してお持ちいただけますようお願いいたします。

参加登録はこちらから


■開催趣旨

 2020年からパリ協定が実施段階に入る。欧州ではフォンデアライエン新体制の下で欧州グリーンディールが最優先課題とされ、米国ではパリ協定を否定するトランプ政権と急進的な温暖化対策を主張する民主党が両極分化している。COPの場においては石炭の みならず化石燃料全体をフェーズアウトすべきとの議論が擡頭し、これに呼応して金融面では欧州のサステナブルファイナンス、OECDにおける化石燃料セクターへのODA差し止め論等が起きている。更に通商貿易面では欧州委員会が炭素関税の導入を表明し、今後の展開が注目される。パリ協定下におけるビジネス環境は低炭素化・脱炭素化という大きな方向性は共有しつつも、そのスピード、 強度に関しては様々な不確実性が存在する。本シンポジウムではこれまでの研究会の議論を踏まえつつ、米国、欧州、インドおよび 日本の産業団体からパリ協定下のビジネス環境にどのように対応しつつあるかにつき、海外専門家、研究会メンバーをまじえた報告・パネルディスカッションを行う。

■ プログラム概要

13:00-13:10
開会挨拶 高原 明生 氏(東京大学公共政策大学院長)

  橘高 公久 氏(国際石油開発帝石株式会社 取締役常務執行役員)

13:10-13:15

イントロ
ダクション

有馬 純 氏(東京大学公共政策大学院 教授)


13:15-13:35

基調講演1

Stephen Eule 氏(Vice President, Global Energy Institute, US Chamber of Commerce)

13:35-13:55
基調講演2 Leon Van de Graaf 氏(Advisor, Industrial Affairs, Business Europe)
13:55-14:15
基調講演3 Soma Banerjee 氏(Executive Director, Energy & Infrastructure, Confederation of Indian Industries)
14:15-14:35
基調講演4 手塚 宏之 氏(経団連地球温暖化小委員会国際WG 座長)
14:35-14:55
休 憩  

14:55-16:20 パネルディスカッション

  モデレーター 有馬 純 氏 (東京大学公共政策大学院 教授)
  パネリスト Stephen Eule 氏 (米国商工会議所)
    Leon Van de Graaf 氏 (ビジネスヨーロッパ)
    Soma Banerjee 氏 (インド産業連盟)
    手塚 宏之 氏 (経団連)
    長村 政明 氏 (東京海上ホールディングス㈱ 事業戦略部 参与)
16:20-16:25 ラップアップ・閉会挨拶 有馬 純 氏 (東京大学公共政策大学院 教授)
16:30 終了後、レセプション

当日は、日英同時通訳を手配の予定です。
また、参加希望者が定員を超える場合には、申し込みを終了させていただきますのでご了承ください。

連絡先: 東京大学 公共政策大学院事務局 (email:gese@pp.u-tokyo.ac.jp)

以上