第3回IEEJ/APERC国際エネルギーシンポジウム
-国際エネルギー・ガバナンスの再考-

 

開催日時 :平成30年6月1日(金) 9:30~17:30
開催場所 :東京プリンスホテル 2階 プロビデンスホール

【テーマ】
「国際エネルギー・ガバナンスの再考(Revisiting the Global Energy Governance )」

【講演】
開会挨拶:(一財)日本エネルギー経済研究所 理事長 豊田正和
(Mr. Masakazu Toyoda, Chairman & CEO, IEEJ)

セッションI 「エネルギー地政学・世界のエネルギー・ガバナンスの行方 」
[Perspectives on Energy Geopolitics; Who will be the leader: US, Russia, the EU, China or Japan?]

モデレーター: (一財)日本エネルギー経済研究所 常務理事 首席研究員 小山 堅
(Dr. Ken Koyama, Managing Director, Chief Economist, IEEJ)

米 外交問題評議会 エネルギーセキュリティ・気候変動プログラム・ダイレクター
エイミー・ジャッフェ氏
(Ms. Amy Jaffe, Director, Program on Energy Security and Climate Change, Council on Foreign Relations, US)
*発表資料

英 王立国際問題研究所 特別上席フェロー ポール・スティーブンス氏※
(Prof. Paul Stevens*, Distinguished Fellow, Chatham House (RIIA), UK)
*発表資料

慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 教授/ (一財)日本エネルギー経済研究所 理事
中東研究センター長 田中 浩一郎
(Prof. Koichiro Tanaka, Professor, Graduate School for Media & Governance, Keio University / Board Member, President of JIME Center, IEEJ )
*発表資料

パネルディスカッション

特別講演:「エネルギー転換イニシアティブ~日本のエネルギー選択、世界への提案、
社会への貢献~」

経済産業省 資源エネルギー庁 長官 日下部 聡 氏
(Mr. Satoshi Kusakabe, Commissioner, ANRE, METI )
*発表資料

セッションII 「2050年温室効果ガス半減への道筋をどう見るか?」
[What is the outlook for paths toward a 50% reduction in GHG emissions by 2050?]

モデレーター: ウォールストリートジャーナル 東京支局 記者 根岸 真由美 氏
(Ms. Mayumi Negishi, Reporter, Tokyo Office, The Wall Street Journal )

米 コロラド大学 科学技術政策研究センター 教授 ロジャー・ピールキ 氏※
(Prof. Roger Pielke*, Professor, Center for Science and Technology Policy Research, University of Colorado)
*発表資料

蘭 シェル・インターナショナル 首席エネルギーアドバイザ ウィム・トーマス 氏※
(Mr. Wim Thomas*, Chief Energy Advisor, Shell International, Netherlands)
*発表資料

中 国家発展改革委員会能源研究所 名誉所長 周 大地 氏
(Prof. Dadi Zhou, Director General Emeritus, Energy Research Institute of the National Development and Reform Commission, China)
*発表資料

パネルディスカッション

セッションIII 「電力市場の自由化とエネルギー安全保障、気候変動対応は両立するのか?」
[Can the electricity market liberalization be compatible with energy security and climate change concerns?]

モデレーター: フィナンシャル・タイムズ 東京支局長 ロビン・ハーディング 氏
(Mr. Robin Harding, Tokyo Bureau Chief, Financial Times)

米 ライス大学 経済学部 教授/豪 西オーストラリア大学 経済学部 教授 ピーター・ハートリー 氏
(Prof. Peter Hartley, Professor of Economics, Rice University, US / Professor of Economics, University of Western Australia, AU)
*発表資料

米 元エネルギー省 次官補(原子力担当)ピーター・ライオンズ 氏※
(Dr. Peter Lyons*, Former Assistant Secretary for Nuclear Energy, Department of Energy, US)
*発表資料

国際エネルギー機関 チーフ・エコノミスト ラズロ・バロ 氏
(Mr. Laszlo Varro, Chief Economist, International Energy Agency)
*発表資料

パネルディスカッション

閉会挨拶: アジア太平洋エネルギー研究センター 所長 大慈弥隆人
(Takato Ojimi, President, APERC)

※当研究所の特別客員研究員