第2回IEEJ/APERC国際エネルギーシンポジウム
-不透明な国際エネルギー情勢における脅威と機会-

 

開催日時 :平成29年5月18日(木) 9:30~17:40
開催場所 :グランドプリンスホテル高輪 B1階 プリンスルーム

開催報告書

【テーマ】
「不透明な国際エネルギー情勢における脅威と機会(Threats and Opportunities in the Global Energy Landscape under Great Uncertainty )」

【講演】
開会挨拶:(一財)日本エネルギー経済研究所 理事長 豊田正和
(Mr. Masakazu Toyoda, Chairman & CEO, IEEJ)

セッションI 「米国新政権とエネルギー・環境政策への影響」
[Impact on Energy/Environment Policy under the New US Administration]

モデレーター: フィナンシャル・タイムズ 東京支局長 ロビン・ハーディング氏
(Mr. Robin Harding, Tokyo Bureau Chief, Financial Times)

米 ライス大学ベーカー研究所 シニアダイレクター ケン・メドロック氏※1
(Dr. Kenneth Medlock*1, Senior Director, Baker Institute for Public Policy, Rice University, US)
*発表資料

米 コロラド大学 環境学部教授/スポーツガバナンスセンター所長 ロジャー・ピールキ氏※1
(Prof. Roger Pielke*1, Professor, Environmental Studies Prog. / Director, Sport Governance Center, Univ. of Colorado)
*発表資料

米 戦略国際問題研究所 エネルギー・地政学議長 アダム・シミンスキー氏
(Mr. Adam Siminski, James R. Schlesinger Chair for Energy and Geopolitics, CSIS, US )
*発表資料

英 王立国際問題研究所 特別上席フェロー ポール・スティーブンス氏※1
(Dr. Paul Stevens, Distinguished Fellow, Chatham House(RIIA), UK)
*発表資料

(公財)笹川平和財団 会長 田中 伸男氏※1, ※2
(Mr. Nobuo Tanaka, Chairman, Sasakawa Peace Foundation)

パネルディスカッション

セッションII 「気候変動とゼロエミッション・エネルギー(原子力・再エネ)の将来」
[Climate Change and the Future of Non-Emitting Energy Resources (nuclear and renewable]

モデレーター: ウォールストリートジャーナル 東京支局 記者 根岸 真由美氏
(Ms. Mayumi Negishi, Reporter, Tokyo Office, The Wall Street Journal )

米 元エネルギー省次官補(原子力担当)ピーター・ライオンズ氏※1
(Dr. Peter, Lyons, Former Assistant Secretary for Nuclear Energy, Department of Energy, US)
*発表資料

英 インペリアル・カレッジ・ロンドン 教授 ジェリー・トーマス氏※1
(Prof. Gerry Thomas, Professor, Imperial College London, UK)
*発表資料

蘭 シェル・インターナショナル 首席エネルギーアドバイザ ウィム・トーマス氏※1
(Mr. Wim Thomas, Chief Energy Advisor, Shell International, Netherlands)
*発表資料

(公財)地球環境産業技術研究機構 参与 山口 光恒氏※1, ※2
(Mr. Mitsutsune Yamaguchi, Special Advisor, RITE)

米 ローレンス・バークレー国立研究所 中国エネルギーグループ グループリーダー
ナン・チョウ氏
( Dr. Nan Zhou, Group Leader, China Energy Group, Lawrence Berkeley National Laboratory, US)

パネルディスカッション

セッションIII 「安全保障・経済性の確保と化石燃料の役割」
[Security/Economy and the Role of Fossil Fuels Revisited]

モデレーター: 日本放送協会 報道局経済部副部長 飯田 香織氏
(Ms. Kaori Iida, Sr. Editor, Economic News Div., Japan Broadcasting Corporation)

(一財)日本エネルギー経済研究所 常務理事 首席研究員 小山 堅※2
(Dr. Ken Koyama, Managing Director, Chief Economist, IEEJ )

豪 環境エネルギー省 資源エネルギー経済部 次官補 ロス・ランビー氏
( Dr. Ross Lambie, Assistant Secretary, Department of Environment and Energy, Australia)
*発表資料

クライメイト・グループ 会長 ジョアン・マクノートン氏※1
( Ms. Joan MacNaughton, Chair of the Board, The Climate Group)
*発表資料

露 スコルコボ・ビジネススクール エネルギーセンター所長
タチアナ・ミトローバ氏※1
(Dr.Tatiana Mitrova, Director, Energy Center, Skolkovo Business School, Russia)
*発表資料

英 オックスフォード・エネルギー研究所 ガス・プログラム議長
ジョナサン・スターン氏※1
(Dr. Jonathan Stern, Chairman, Natural Gas Research Programme, OIES, UK)
*発表資料

米 シティリサーチ ディレクター兼グローバル・エネルギー・ストラテジスト アンソニー・ユエン氏
(Dr. Anthony Yuen, Director and Global Energy Strategist, Citi Research)
*発表資料

パネルディスカッション

閉会挨拶: アジア太平洋エネルギー研究センター所長 大慈弥隆人
(Takato Ojimi, President, APERC)

※1 当研究所の特別客員研究員   ※2 各セッションのパネルディスカッションのみに参加